こんな事でお困りではないですか?

再建不可.netでは、その他にも各種ご相談承ります。


再建不可物件・借地物件を売るのは今が絶好のタイミング!

物件売却を決める3つ要素

「円安・株価上昇」「デフレ脱却」「地価上昇」

こんなタイミングは今しかありません!まずは、ご相談ください。

再建築不可物件とは

再建築不可物件とは、一回その建物を取り壊してしまうと、新しく建物が建てられない物件のことをいいます。
物件によってさまざまな理由がありますが、とくに建築基準法第42条に記載されている「接道義務」に違反している、というケースが多くなっています。
同法では、都市計画法上の理由から「幅4メートル以上の道路に土地が2メートル以上接している土地でないと住宅を建てることができない」と定められています。法制定前に建てられたなどの理由から、古くからある住宅地の物件等はこうした基準をクリアしていないものも多いのです。
再建築不可物件は、建替えができない、手間がかかる、住宅ローンがつきにくい、などの理由から買い取りを拒否されたり、買取価格を低く見積もられたりといったケースが多くみられます。
再建築不可.netでは、こうした再建築不可物件を建て直す可能性を高めます。再建築不可物件でお悩みの際は、ぜひご相談ください。当社が全力でお客様をサポートいたします。

再建築不可物件の図解

既存不適格建築物・違反建築物とは

既存不適格建築物・違反建築物とは、建てられた当時の法律には適合していた建築物であっても、現行の法律上においては適合外とされる建物のことです。建築当初から法令に違反したり、建築確認を得ることなく建てられたりした違反建築物とは異なります。
建築基準法は、建築技術の進歩により改正される頻度が高い法律です。そのため、法律の改正や用途地域の変更等によって、こうした建築物が多数発生します。 こうした背景から、同法に違反している物件であっても、その法律が改正された時点で存在していた建物や工事中であった建物は、特例として違法建築とはされません。ただし、建物を改築する際には、現行の基準に沿った合法的な建物にする必要があります。
再建築不可.netでは、こうした既存不適格建築物・違反建築物の買い取りも行っております。お気軽にご相談ください。

再建築不可・借地物件をどこよりも高額で買い取ります!

ご相談窓口/受付時間:9:30〜20:00(年中無休)

フリーダイヤル03-5778-7586